SERVICE

日本人が海外で安全・安心に暮らせるためのサービスをご用意しています。。

なぜ海外なのか、投資をするということはどういうことなのか、
世界にはどういう投資があるのか、投資をする上で考えなくてはならないこと……
様々な悩みを解決する為のサービスをご用意しています。

LITTLEJAPAN PROJECT (リトルジャパンプロジェクト)

project_img02

project_img03

【LITTLE JAPAN】は、弊社が世界各国にて
日本人の為の街づくり開発プロデュースを行っている街のブランドです。

世界各地に支店を持ち、そこで培った現地でのコネクションと、今までの海外での不動産の取り扱いのノウハウをつぎ込み、弊社は、日本人の方々が海外で快適に生活できる環境を、単なる住居のサービスだけでなく、「街」全体のサービスとしてプロデュースしています。

今、日本から海外への移住、ビジネス展開を考える人々が増える続ける中、弊社が考える「LITTLE JAPAN PROJECT」とは、こうした人々への快適なライフスタイルの場、ビジネスチャンスの場を提供する土台作りを行うことを目的としています。

まちづくりとは、1年や2年で終わるものではなく、そこに住む人々が、何十年という時間の中で作り上げていくもの。

コンドミニアムや商業施設を主体としたまちづくりを行う上で、まずはしっかりとしたハードとソフトの仕組みを作り上げていくことが、弊社の大きな役割だと感じています。

日本のサービス、技術の質は世界的にも高いレベルです。
この日本品質を誘致することで、現地の方々へは日本レベルのクオリティの高いサービスを提供することが出来、地元社会への貢献にも繋がります。

また、そこで暮らす日本人の方へは、日本人向けのサービスが海外で受けられる環境となり、より快適なライフスタイルをおくることができます。
付加価値を建物のあるエリアに作ることで、物件自体の評価も上げ、人の集まりやすい環境を作っていくことになります。

LITTLE JAPAN PROJECTは
あなたのためのプロジェクトなのです。

マカティ不動産投資

IMG_4393

今もっとも成長が見込めるフィリピン。
英語学習にも最適の環境がそろっています。

安定して成長するフィリピン。さらには一番の中心街のマカティの最高のロケーションを皆様の資産形成に取り込んで頂き、英語教育の為のセカンドホームとしてご利用頂きます。

今までアレば、英語ができなくても日本という国の中だけで生きていく上では困ることもありませんでした。

しかし、格差社会に対応する上でも、世界という観点で生きていく上でも今後英語を話す事は必須になっていきます。

皆様のグローバル化のお手伝いをさせて頂きます。

フィリピン マカティの魅力

近年、長期滞在国として注目を浴びているフィリピン。
その中でも、治安が良いフィリピンの経済首都であるマカティ。周辺には医療設備もたくさん整って
おり、多数の日本食レストランもそろっています。
また、温暖で過ごしやすく日本人からも絶大な人気を得ています。
その大きな要因はホスピタリティ精神で溢れた親日家で知られるフィリピン人の存在です。
日本人に温かくしてくれるフィリピン人は、日本人の海外生活に大きな安心を与えてくれます。

フィリピン首都にあるマカティ

マカティ地区の不動産価格は2007年から4年間で38%以上の上昇をみせています。インフレ率が
5%程度という事を考慮すると、今後もさらなる成長・安定を望めます。
この安定して成長する街マカティを、皆さまの資産形成に取り込んで頂くようご提案しております。

フィリピンの英語教育の利点

何と言っても一番のメリットは留学費用の安さです。3食完備の寮で、1日6時間、月~金マンツーマンの授業、夜のフリーグループクラス込みで月に10万円程度で済みます。
フィリピンにはすでに多くの英語学校があり、日本人の経営する英語学校もあります。
授業料そのものはどこの学校もあまり変わらず、主に会話中心の授業内容になっています。
日本人留学生の多くが、1年程度の期間でロスやハワイに行った場合、日本人同士でグループを作り、結果的に英語をまともに話せずに日本へ帰国するようです。これでは遊びに行ったのと何も変わりません。
それに比べて、フィリピンでは、本当に英語を勉強したい方にとって圧倒的に良い環境を整えることができるのです。
セブ不動産投資

project_img05

永住権+リゾートライフ

皆様がゆったりとしたリゾートライフをおくれるように、日本以外に住む権利を確保出来る永住権とフィリピンのセブ島を一体化したフィリピン初のプログラムをご提供させて頂いております。

また、セブでは日本語を話せて日本食を作り、日本のマナーを理解する家政婦、介護士の教育施設を運営しています。

この施設で育てあげた多くの人材をGlobalが展開するそれぞれの施設へ派遣し、さらには世界中に住む日本人の家庭への派遣も進めます。海外に住む大工の日本人の皆様の生活をより安心の出来る形へと考えていくお手伝いをしていきます。

セブ マクタン島でのリゾートライフ

セブのマクタン島は、インドネシアのバリ島、タイのプーケットと並ぶ、世界有数のリゾート地です。 これらのクラスのリゾートの中ではもっとも日本に近く、日本からの直行便もあるため、アクセスが非常に良いです。
近年、多くの国から、リタイアメント先としても非常に注目されています。皆さまに最高のリゾートライフをご提供させていただきます。

日本以外に住む権利

フィリピンでは永住ビザを取得することで永住することが可能です。物価も安く、退職後の生活を豊か に送ることができます。
フィリピン人はとても明るく、温和な性格でフレンドリーです。その適性は国際的にも認められ、看護や 介護の分野で海外で活躍するフィリピン人も多いのです。特に日本では費用的に難しい在宅介護も、フィリピンでは月15,000円程度で受けることができます。
マレーシア不動産投資

mp3

資産構築+セカンドハウス

マレーシアのジョホールバルにオフィスを構え、40年の実績と信用があるシィヤングリラを所有しているKUOKグループと、様々な案件でコラボしています。
大きく成長する街、ジョホールバルを皆様の資産形成に取り込んで頂き、セカンドハウスとしてもご利用頂けるように徹底的にバックアップをさせて頂きます。

シンガポールに隣接する街「ジョホールバル」

香港との国境に面した中国・深セン市。ここはもともと、人口30万人の都市でしたが、今では1000万人を超える大都市に生まれ変わりました。過去10年間の統計で、世界でもっとも土地の上昇率が高かった都市の一つとなります。
ジョホールバルでは、「イスカンダルプロジェクト」という、国を挙げた大型開発を行っており、シンガポールと一体化した経済圏を作り上げていきます。この大きく成長する街ジョホールバルを、皆さまの資産形成に役立てることができるように、ご提案させていただいております。

ジョホールバルでのセカンドライフ

現在、マレーシアは日本人にとって、世界で一番住みたい国になっています。気候は年中温暖で、Tシャツと短パンという非常にラフなスタイルで一年中生活ができます。特に、ジョホールバルはシンガポールの隣にあります。普段の生活はジョホールバルで安く済ませ、30分の移動で先進国の生活を享受することができます。
医療面も同様で、少し移動すればすぐにシンガポールの最先端の医療を日本語で受けることができます。

ジョホールバルで教育を受ける

子供の教育にも非常に適しており、日本人学校のみならず、さまざまなインターナショナルスクールがあります。また、英国の名門寄宿学校の「マルボロカレッジ」も進出しており、5歳から18歳まで一貫教育を受けることができます。
さらに、多民族国家のマレーシアでは、英語、中国語の習得も可能です。ジョホールバルは多くの日本人がこれから生活する街になっていきます。セカンドハウスとしてご利用なされる方の暮らしをバックアップ致します。
アユタヤ不動産投資

project_img07

生涯の安心+医療+スローライフ

タイのバンコクにオフィスを構え、24時間・低価格で医療・介護を受けることの出来る体制を大手病院とコラボレーションして作り上げていく。
日本人の老後の安心を守るため、医療と生活の一体化、スローライフを皆様にご提供させて頂きます。

タイ アユタヤでのスローライフ

タイは、古くから日系企業が数多く進出 し、バンコク周辺だけでも5万人以上の日本人が生活していると言われています。そのため、日本人コミュニティーが数多く存在し、バンコクには日系のデパート、スーパー、本屋など多数あり、日本食や書籍などにも事欠きません。海外にいながら、日本と同じように生活することができるのです。
アユタヤは空港やバンコク市内からも車で1時間程度。また世界遺産の街としても有名です。普段はのんびりと田舎暮らしを楽しみながら、週末はバンコクで都会の生活を楽しむ、そんなアユタヤならではのスローライフをサポートさせていただきます。

タイの医療技術

タイの医療は世界的にもトップレベルです。医師の多くは欧米での留学経験があり、英語はもちろん日本語を話せるドクターもたくさんいます。
また、タイはメディカルツーリズムに力を入れている国で、大手病院の多くは株式市場にも上場しています。市場原理が働き、競争が激しくサービス業として徹底しています。
もともとタイ人は仏教徒でホスピタリティに溢れ年配者に対して尊敬の念を持って接してます。
どの病院も、その病院ならではの特徴を持っていますし、大手病院は日本の病院とも遜色がない、もしくはそれ以上に先進国なのです。

医療と生活の一体化

Wellness Cityは大手病院の院長がコンセプトを創りだし50万坪という広大な敷地で、タイ人富裕者層向けのリタイヤメントハウスとして、すでに18年の実績があります。敷地内のクラブハウスには医療施設を完備し、24時間医師が常駐しております。
救急車も配置され、万全の医療体制が整っています。